好きなものを文章にするということ

スポンサーリンク
ブログ関連
スポンサーリンク

このブログを書くようになって考えたことをいくつかまとめる。
この記事はむしろ個人的備忘録に近く、だが今後何か始めたい人の役に立つかもしれない。

始めたきっかけ、やっていくうちに気づいたこと、今後の心構え等。
なお、いわゆるノウハウ系(WordPressテク等)は知らん。書かない。

では、レッツゴー。

 

 

 

きっかけ

 

今後個人メディアは当然になるのでは、という予測。
落合陽一氏のいうところの「収入のポートフォリオ化」。
自分が文章を書く才がどこまであるか、
ディスクアップのデータ取りに価値は生まれるのか、という実験。
思い付いたらやってみよう精神で突っ走った。後悔はない。

当初の戦略

基本的にはディスクアップを中心としたパチスロブログの予定だった。
しかしいくつかここで問題点が発生する。

①ネタが少ない
設定状況的にディスクアップ以外が打てないこと。
一日単位の稼働では単調な記事になってしまうこと。

②持続性がない
ディスクアップの需要は期間限定。
需要の高さゆえにアクセスは伸びていくが今後が見込めない。
撤去されたらどうするのお先真っ暗問題。

③モチベーション
データ収集自体は好きだが、自分の書きたいものを書きたくなった。
月に数回データを載せるだけでは物足りない。

④軍資金のパンク
お察しください。概要は以下記事から。
ディスクアップ、死ぬほど下振れした(パチスロ休止のお知らせ)

 

以上の問題点があったこと、
本名名義で文章を書くための修行が必要になったこと、
これら二点を踏まえ、ブログのスタイルを変えることにした。

 

現在のスタイル

 

①好きなものを書く
自分が好きなものについて、良さを伝えることに主眼を置く。
書きたいと思ったものを随時書く。

②時代性を考えない
新商品、新作にとらわれない。
ずーっと細々と読まれるロングテールになってくれれば理想。
そのためには題材の魅力ではなく、読ませる文章が大事。

③作品ではなく、作者がブランドになる。
この人の文章は読んじゃう・・・
という所が到達目標。
具体的には「田中泰延さん」「ゲーマー日日新聞様」。
暇なときに数記事ダラダラと読める、そんなブログを目指します。

 

好きな物を書く、ということ

 

このスタイルを目指してから、いくつか変わった点がある。
備忘録として。

①なぜ好きかを、言語化する癖をつける
「やっばこのゲームおもしれえ!!」
と過ごしてきた私にとって革命だった。
なぜ、何処が面白いのか。このジャンルの変遷は?類似したゲームとの共通点、相違点は?

これらを考えながら趣味と向き合うことが習慣になり、より楽しめるようになった。
だからこそ、その楽しみを伝える文章を書きたいという好循環が生まれた。

②専門分野より多様性で戦う
各ジャンルを掘り下げ続けたスペシャリストは絶対的に存在する。
彼らの真似をするより、自分に書けるスタイルを模索することのが大事。
ことブログという場は、自分でフィールドを設定できる。
能力で戦うより、得意なフィールドを作ること。
私でいえば多趣味さを生かすこと。
そのために記事の題材は選ばず、ジャンル間を行き来する。

まとめ

 

ゲームタイトル検索で辿り着くブログより、
今度は何について書いたんだ?とチェックされるブログへ。
いまは数を打って修行あるのみ。あと本を読む。
アウトプットは膨大なインプットに支えられる。

 

 

 

全記事が見れるサイトマップはこちらからどうぞ!

 

 

サイトマップ、全記事こちらから。お好きな記事をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました