伝説の「スポーツマンNo.1決定戦」再放送とケインと池谷の配信が、筋肉番付マニアにとって神配信だった

伝説の「スポーツマンNo.1決定戦」再放送とケインと池谷の配信が、筋肉番付マニアにとって神配信だった

 

 

 

先日、ケインコスギの配信をご紹介した。

 

 

 

ケインコスギのゲーム配信が面白すぎるから紹介したい

 

 

また、この記事を読んでいただければわかるが、筆者は筋肉番付マニアである。

 

 

想い出ゲームレビュー「筋肉番付シリーズ」

 

 

 

ここからはかなりディープというか、濃い話になってくるので出来ればこの2記事を読んでくれると嬉しい。

 

 

令和に飛び込んだビッグニュース。

それはスポーツマンNo.1決定戦の再放送をするというものだった。

 

それに伴い、ケインからも告知が出た。

 

 

 

 

(なお、おそらくこの写真は再放送の大会ではなく、芸能人サバイバルバトルの第6回大会だと思われる)

 

 

この告知に筋肉番付オタクである筆者の心は踊り震えた。

今回はそんな配信、そしてその後に行われたケインとスポ1を見る配信。

この二つの魅力をたっぷりとご紹介したい。

 

 

 

 

Advertisement

 

 

 

伝説となった2002年大会

 

 

 

今回再放送となったのは、

 

「スポーツマンNo.1決定戦 2002年大会」

 

 

公式サイトから引用すれば、

 

 

TBSでは、6月8日(月)よる9時から『令和に蘇る!スポーツマンNo.1決定戦 レジェンド』を放送する。平成の時代に人気を博した伝説のアスリート番組『スポーツマンNo.1決定戦』が一夜限りの復活! 競技の枠を超えたトップアスリートたちの真剣勝負が令和に蘇る!
なかでも注目なのは、全35回の歴史の中で史上最高、伝説と称される2002年大会。出場したトップアスリートは、岩村明憲(野球)、大畑大介(ラグビー)、ケイン・コスギ(俳優)、照英(俳優)、タフィ・ローズ(野球)、中田大輔(トランポリン)、マイク・キャメロン(野球)、室伏広治(陸上・ハンマー投げ)(※50音順)ら。異業種の超人たちが各界の垣根を超えた壮絶なバトルを繰り広げた。伝説となった大会を制した選手とは?

そして、巨大跳び箱「モンスターボックス」の世界記録や、瞬発力とスピードが勝負となる「ショットガンタッチ」の世界記録達成のなど、瞬き厳禁のシーンをお届けする。

さらに、平均最高視聴率25%超えを記録した、こちらも伝説の番組『筋肉番付』の衝撃の競技もお届け。「バク転50m走」や「ハンドウォーク」(逆立ち版『SASUKE』)など今では考えられない驚きの競技や長嶋茂雄vs王貞治の貴重な映像など、スーパースターたちの挑戦シーンをたっぷりとお届けする。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 

 

オタクから言わせてもらえば、ハンドウォークは逆立ち版SASUKEなどではなくレギュラー放送の筋肉番付には障害物走破系の種目が定番としてあったとか突っ込みどころもあるのだが今は置いておく。

 

この大会、確かに歴代でも伝説となっている回なのだ。

 

もう放送が終わったのでネタバレしても構わないだろう。そもそも18年前の番組だし。

 

 

 

室伏出禁事件

 

 

 

この大会、最大の目玉となる選手は

 

室伏広治

 

この男である。

 

 


引用・・・Erik van Leeuwen – www.erki.nl

 

 

当時の室伏は27歳。

年齢的にはケイン、照英と同い年に当たる。

この当時はまだ国際大会でのメダルはないが、父の持つ日本記録を更新し今後世界の頂点を目指すと期待されていた。

 

この室伏が、あまりにも圧倒的すぎる活躍を見せる。

 

 

スピード系の種目ではアメフト選手、プロ野球選手、そして日本最速ラガーマンと言われた大畑大介を抑えて優勝。

跳び箱もこの巨体にして18段(2m56cm)をクリア。

パワー系の種目ではアメフト会のレジェンド、河口正史を抑え優勝。

最終種目のショットガンタッチでは12m90cmという大記録を出した。

この記録はメジャーリーグで盗塁の名手として名を馳せたマイクキャメロンと並んでおり、日本サッカー界のスピードスター玉田圭司超えている記録だ。

 

スタミナ以外のすべての分野においてトップクラスの成績を収めた室伏広治。

ごく簡単にまとめれば、

「サッカー日本代表よりも足が速く、アメフトトップ選手よりパワーがあり、跳び箱もめっちゃ飛べる」

というゲームだったら間違いなくナーフ、カードゲームなら禁止カード扱いされるスペックであることを証明して見せた。

 

 

先に言ってしまうとこの大会を優勝し、その後の出番は一度たりと無い。

 

強すぎて大会にならないから出禁になったと噂になった。

もちろんこれには確証がない。

本人がオファーを断っている可能性も大いにあるし。

 

ただ、そういわれても納得してしまうほどの能力だったのだ。

 

 

 

二つの世界新

 

 

この大会では、ケインが尋常ではないトレーニングを積んで参加している。

その背景として、2000年プロ大会初の芸能人の優勝、そして翌年2001年の大畑大介に敗北し2位という流れがある。

この雪辱を晴らすべく、ケインは鍛錬を重ねている。

 

その結果、第一種目であるワークアウトガイズで10秒以上記録を縮める世界新記録。

 

そして人気種目のショットガンタッチでは、大畑大介が二年連続世界記録を更新、13m50cmという世界記録を叩き出す。

またモンスターボックスでも池谷直樹が通算2回目の23段を飛ぶという、記録を見てもハイレベルさが伺える大会となっていた。

 

 

 

ケインと池谷のコラボ配信

 

 

そんな伝説的大会が令和に再放送されるというあまりにもビッグニュースに、筆者は言葉を失った。

更に18年の時を経て、ケインと池谷が喋るというのだ、こんなに胸躍るものはないだろう。

 

 

そんな奇跡のコラボは、インスタグラムにて実行された。

 

池谷直樹のインスタグラムのアカウントにアーカイブが残っている。

アカウントをお持ちの方は是非ご覧いただきたい。

 

 

当時の関係

 

 

ここで補足として、当時の二人の関係を少し。

 

そもそも池谷直樹は、本来は出場選手ではなかった。

世間的にも池谷直樹と言えば、池谷幸雄の弟だったのだ。

 

 

この兄弟がYoutubeで跳び箱に挑戦していた、なんともほほえましい。

 

 

 

 

幸雄は筋肉番付に何度もゲスト出演している。

元オリンピックメダリストがこれぐらい、さらにこれを上回るチャレンジャーというような形での起用だ。

もちろん幸雄もとんでもない超人である。

1992年のバルセロナ五輪で個人別ゆか銀メダルという素晴らしい成績の持ち主。

 

そして一方の直樹は、当初はモンスターボックスの講師だった。

 

プロ選手にロイター板を使うコツを教え、ウォーミングアップの面倒を見る。

そんな役割で裏方として番組を支えていた。

いわばケインの跳び箱における師匠ともいえる。

 

転機が訪れたのは1999年。

それまでの芸能人大会2~4回をケインが三連覇していた時。

ケインの対抗馬として、満を持して起用されたのが直樹だ。

この大会でモンスターボックスで世界新記録、クイックマッスルで芸能人新記録で優勝という強さを見せた直樹は、見事ケインの四連覇を阻止し優勝する。

 

 

 

 

 

ここから長い長いケインと直樹のライバル関係は続いていく。

 

番組のつくりとして、ケインは主役でありイメージキャラクターに近い。

真面目でストイックな好青年。

 

それに対し突如現れたライバル池谷直樹は、ヒール(悪役)としての印象が非常に強い。

話し方が関西弁に飄々としていたのもあるだろう。

 

実際、筆者はケインが池谷に負けると号泣していた。

 

真剣勝負の場であるとともにヒールと主役という演出も相まって、まったく会話を見せなかった両名。

 

だが今回の配信で、不仲では全くなかったことが明らかとなる。

 

 

とても仲が良さそうでした

 

 

いやもうおっさんズラブかよってぐらい仲良し。

必死に走り書きしたメモをもとに印象深かった話をピックしてみよう。

 

 

・ワークアウトガイズの丸太は、どれを切るか選ぶことができた。
 選び方が分からないから叩いて音で判断していた(ケイン)

・両名ともに「大畑、室伏は本当におかしいぐらいすごい」

・ビーチフラッグスの強さについて
 「あれマットの上を走るやん?床とも砂浜とも違うやん?俺は小さいころからマットの上で生活してたから慣れとんねん(池谷)」

・二人とも唯一の頭脳系種目[THIRTY]が好き。
 「足の指で数えたいけど無理だったよね(笑)」

・持久系種目であるテイル・インポッシブルが二人とも大の苦手。
 「古田敦也は「第一レースから飛ばすなよ?」って周りに言ったのに開幕即ダッシュで崩しに来た」
 「テイル頑張りすぎて、どっかのリミッターが壊れて花粉症になった(!?)(池谷)

・池谷直樹はモンスターボックスを持っている、と聞いてケイン大爆笑。

・ケインの誓い「50歳になったら跳び箱20段飛びます!」

・池谷がこのコラボ配信に照英を誘ったら「インスタやってないんですよ・・・」と言われた。

・ケインのゲーム配信について触れた池谷に対し、
 「ゲームはスポーツですヨ!ゲームの跳び箱より本物のほうが簡単に飛べるもん!」(ケイン)

 

などなど、イチャイチャしながら当時のことを振り返っていた。

基本的にケインはひたすら集中するためにほぼ誰とも会話をしていなかったこと、くじ引きがガチすぎて見せ場となる組み合わせが一回戦で起こった時、選手側は暗い空気になることなど当事者ならではの裏話も聞くことができた。

 

 

そしてこの配信中、ずっと直樹が少しゆっくり目に喋っていたのがとても印象的だった。

おそらく、ケインに配慮した喋り方であり何年もこうやって優しくしていたのだろうな、と思うと胸が震える。

 

 

そして放送開始直前にこの配信は終了。

そこからはケイン一人での、Mildomでの見ながらトークとなった。

 

 

 

ケインのトークとコメが面白すぎる

 

 

 

そもそも普段のケインの配信から、直樹はネタにされまくっている。

ゲームに敵キャラが出れば「池谷だ」

マックのメニューの話になれば「池谷はシェイクしか飲まない」

そんな状態の配信で、直樹が出る番組を見るのだ。

盛り上がらないはずがない。

 

 

直樹は、本気になるときに上裸になる。

モンスターボックスで言えば20段を超えたあたりからだ。

 

脱いだ瞬間、ケインが壊れた。

 

「おうううう!脱いダ!脱いだヨ!池谷さん上脱ぐとPower上がるんですよネ!!!」

 

と謎の超ハイテンションに。

 

そして直樹の癖として、滑り止めの粉を脇で拭き取るという動作があるのだが、これもターゲットになりコメント欄には

「あー室伏も脇にチョーク塗ったら成功してたのに」

「池谷はLoLやるときも脇にチョーク塗るらしい」

「ケインさんも次の配信脇にチョーク塗ってください」

と一生ネタにされる始末。

それを見て大爆笑するケイン。

 

 

また当時のケインが22段を失敗したときには

「ナンデダヨオオオオオオ!!」

と大絶叫。

 

得意種目でありこの時優勝もしている「THIRTY」がカットされたときには、

 

「もうちょっとハイライトしてくださいよオ!唯一自信あるやつなのニ・・・」

 

としょんぼりしてしまうケイン。かわいい。

 

このように、コメントもケインもワイワイと爆笑しながら放送を見守ったのであった。

 

 

ほか、覚えているコメントたち。

 

・室伏は握力が140kg→マウス握ったら壊れそう、PCゲーできないやん

・室伏ってチーターじゃん、BANされないの?

・LoLにムロフシってレジェンド出そうぜ

・ケイン「この頃の僕はコントローラー投げて壊してたけど今は投げないから成長してる」
 →ショットガンタッチで落ちてくるのがコントローラーなら成功してた説が浮上する

 

 

みんなゲームに絡めるの好きすぎるし室伏大好きかよ。

 

 

 

朗報!ケインと池谷のコラボが予定される!

 

 

 

さて、ここまで振り返ってきたが一つ書かなかったことがある。

それは、「ケインと直樹のコラボ予定が決まった」ことだ。

 

内容としては、

「ケインがMildomで池谷と筋肉番付のゲームで対決」

「池谷がYoutubeでケインと跳び箱対決」

と、それぞれのプラットフォームで一つずつ勝負を行うというもの。

 

こんなの、絶対見逃しちゃいけねえ。

 

続報を待て。

 

 

 

 

裏側を見て、愛情が深まる

 

 

 

筆者はこの番組が大好きだ。

 

VHSという時代の遺産からDVDにダビングした当時の映像を今でも見るほど。

そんな憧れ続けた番組の出演者、それもライバル同士が談笑する姿は、泣くかと思うほどに素敵だった。

 

そしてやはりこの番組はいいなあとしみじみ思った。

 

スポ男でもいいから復活してくれないかな。

 

あと、モンスターボックスとかショットガンタッチとか完全体験出来るテーマパークをだれか作ってください。

一万円ぐらいなら全然出すから。

あとSASUKEもね。

 

 

 

 

 

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。