日本で最も安いエナドリ「ゴールデンハンマー」を飲んだ。単価49円の実力をレビューするぞ。

スポンサーリンク
食べ物飲み物
スポンサーリンク

 

 

どうもモンスターエナジー中毒者のやまゆーです。

つい先日、モンエナを箱買いしましてね・・・えへへ。

 

 

これで1本200円したのが170円で調達できるようになりました、ありがてえ。

 

と言ってもエナドリはやはり高いものです。格安エナドリって無いんかな・・・と探していたらありました。そんな話。

ちなみに今回紹介するエナドリは地域限定かつ通販が存在しないのでご了承くださいませ。

 

スポンサーリンク

 

格安エナドリ「ゴールデンハンマー」とは

 

見つけたのがこちら、その名もゴールデンハンマーです。

 

なんとも毒々しい見た目。

上部にD-PRICEって書いてあるんです。実はこれ、あるスーパーのプライベートブランドなんですよね。

それが「大黒天物産」という会社。

 

2019年6月現在、出店地域は本社がある中国地方の他、東海3県・北陸(富山県を除く)・信越・近畿・四国(高知県を除く)・福岡県の全20府県。(Wikipediaより)

 

という感じで、地域限定で出店している会社です。とにかく安い大型スーパーという感じ。

どれぐらい安いかと言えば惣菜の唐揚げが100g92円とか、鶏胸肉が100g38円とか、豚肉が100g86円とか。

マウントレーニアは98円だしあんパンは60円で買えるし、滅茶苦茶家計を助けてもらっています。

 

そんなスーパーで出会ったこの謎のエナドリ。こいつは49円という破格で売られていました。モンエナ1本でこいつが4本買えます。すごい。

これだけ安いと色々心配になるよね、と言うことでテストしてきましたよ。

成分

 

まずは成分から見てみましょう。

っても見えないよね。

細かい数字を載せても実感無いと思うんですげー簡単に言えば

・レッドブルに大体近いぐらい
・モンエナほどカフェインはない
・ビタミン系もおおよそ標準レベル

という感じです。カフェインに関してはモンエナは頭一つ抜けてるので、平均クラスと思ってもらえれば。つまりある程度頑張り時とか眠気覚ましには効くという感じです。

 

見た目

 

じゃあコップに出してみましょう。

 

こんな色合いです。ジンジャーエールぐらいの色かな。これも割とエナドリにはよくある感じ。

 

 

さて、肝心の味。

うーん、甘すぎない。割と控えめだと思う。レッドブルより控えめなんじゃ無いかな。リアルゴールドとレッドブルを混ぜて甘さを少し引いたらこの味になりそう。
その分アルギニンの香りと渋みがガツッと来ますね、ここはすごくエナドリっぽいです。

マイナス点というか個人的な好みですが、モンエナやレッドブルにあるようなそれぞれのエナドリ独特の香りは特に無しです。悪い言い方をすれば平凡、良い言い方をすれば癖が無く飲みやすい。

 

内容量

 

地味に大事なのが量。

内容量は250mlです。二番目に小さいレッドブル(250円程度)と同じかな。

量が小さいレッドブルよりは多いのでその点も好材料です。

 

総評

 

甘くないエナドリとして、単純に評価できます。エナドリの甘さが苦手な人でも飲みやすい。アルギニンのガツッと来る感じが合うかどうかですね。

コスパを抜きにしても味に劣り無し。ただこのドリンクにしかない独自のパンチはない。逆に言えば癖無く甘すぎず飲みやすいとも言えます。

値段を考えると普段からエナドリを飲んでいる人が節約のために代用するのであれば十分役割を果たしてくれるはず。筆者もそんな感じでローテーションに加えていこうと考えています。モンエナと交互に飲んだとしたらモンエナ2本で410円のところを200+49=249円で済ませることが出来る、一本代用につき150円浮くのは非常に大きいです。

 

ということで格安だが十分実用性のあるエナドリ、ゴールデンハンマーの紹介でした。ぜひ試してみてね。

 

 

 

 

 

全記事が見れるサイトマップはこちらからどうぞ!

 

 

サイトマップ、全記事こちらから。お好きな記事をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました