ケインコスギのゲーム配信が面白すぎるから紹介したい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

かつて、こんな記事を書いた。

 

 

想い出ゲームレビュー「筋肉番付シリーズ」
皆さんの幼少期のアイドルは誰だっただろうか? ウルトラマン? スーパー戦隊? セーラームーン? 僕は、ケインコスギだった。 今日は、そんな一風変わった子供が熱中した一風変わったゲームのお話。 ...

 

 

 

この記事に書いてあることをそのまま引用する。

 

 

ケインコスギを真似て跳び箱を何度も跳んだし、池谷に憧れて体操選手独特の手の振り方で走っていた時期もある。

現在でもなおその影響は色濃く、永遠のアイドルは田村ゆかりとケインコスギと山田勝己と即答するような人間へと成長を遂げたわけである。

 

 

そんな私が前から気になっていた、ケインコスギのゲーム配信をようやく見ることができた。

それから今日で3日、なんと3日連続で配信を見ている。

 

 

これが、もうほんとに面白いのなんの。

 

ぜひあらゆる人に見に来てほしい。

ということで、22年間ケインコスギに憧れ続けた男がケインの配信の魅力をお伝えしたいと思う。

 

 

 

 

 

[adchord]

 

 

 

そもそもケインとは何者なのか

 

 

一般的な人の知るケインコスギの情報としては

 

・筋肉番付の人
・リポビタンDの人
・センチュリー21の人

 

というイメージだと思う。

確かに間違いではないが、正解ともいえない。

 

そもそもケインコスギは、アクション俳優である。

 

 

父親は、アメリカでも活躍したアクション俳優、ショー・コスギ。

本名を小杉正一という日本人だ。

 

 

日本人において、アメリカで活躍したアクション俳優は彼が初と言われている。

空手を基礎としたアクションが認められ、アメリカにニンジャブームを巻き起こしたほどの人物だ。

 

 

そんな父のもとに、アメリカで生まれたのがケインコスギだ。

 

幼いころから父の影響もありアクションスターを目指すようになったケイン。

ショーの主演映画に5歳でデビューし、子役として活躍した。

高校卒業後、父の勧めもあり日本での修行を開始する。

 

 

日本でのデビューは、1993年のウルトラマンパワード。

主役となるケンイチ・カイとしてデビューを飾った。

 

 


(C)円谷プロ

当時19歳、なんとも若い・・・

 

 

そして彼の名を一躍広めたのは、おそらく翌年だろう。

 

スーパー戦隊シリーズ、「忍者戦隊カクレンジャー」へ出演。

ジライヤ(ニンジャブラック)として、子供たちから人気を博し母親たちの心を奪っていった。

 

そしてここから数年後、ケインは筋肉番付を知り、自らTBSへ売り込みに行く。

この行動が、彼の人生を大きく変えることとなる。

 

 

その後の活躍は、おそらく皆さんの知るとおりだ。

TBSのスポーツバラエティで活躍、そこから着々とステップアップしハリウッド主演まで務め上げた。

 

私は筋肉番付SASUKEスポ1決定戦オタクなので、語りだしたらきりがないのでここら辺までにしておきたい。

なおいつか記事にする予定でもあるのでお楽しみに。

 

つまり世間ではスポーツ万能マンとして知られているが、その実アクション俳優を目指し実現させた男なのだ。

 

 

 

そんな男が、いまゲーム配信をしているのだ。

 

 

 

ケインとゲーム

 

 

これはファンには知られていた話ではあるが、ケインはゲームオタクと言ってもいいほどのゲーム好きだ。

来日後ホームシックになった際には家でストリートファイターにのめりこんでいた、というエピソードもあるほどである。

 

そして彼が配信を始めるようになったきっかけのゲームが

「League Of Legends」

言わずと知れたesportsの金字塔だ。

そもそもLoLをプレイしているというだけでも相当なゲーム好きだということは伝わってくるのだが、配信のために整えた環境が凄すぎる。

それに関してはこちらのページが詳しいので是非ご覧いただきたい。

 

 

 

 

それほどまでに配信に対して、ゲームに対して本気なケインコスギ。

 

彼があるツイートをした。

 

 

まずこの時点で面白すぎる。

めちゃくちゃ保管状態いいし。ほぼ新品やんけ。

オタク的に解説すると、これはPlaystationにおいて三作目かつ外伝として作られたSASUKE専用のゲームだ。

パワプロのサクセスのように、生活しながらトレーニングして完全制覇を目指すゲームとなっている。

 

 

前々から配信していることは知りながらなかなか見れていなかった私も、さすがにこれは見るしかないという決意をし、ついに遊びに行ったのだ。

 

 

そこからはもう腹を抱えて笑い、いろんな裏話にニヤニヤし、ケインの喜怒哀楽を眺める日々である。

ハンドルネームとはいえ、投げ銭だけではなくコメントだけでも名前を呼んでもらえるところにケインの人格と好かれる所以を感じた。

というか、幼稚園から憧れていた人に名前呼ばれるだけで死ねるから。ほんとに。泣きそうになるから。

それぐらい配信というプラットフォームを駆使し、ファンと伸び伸び交流しているのが現在のケインだ。

 

 

 

面白すぎるケインの配信エピソード

 

 

ここ3日の配信だけでも、面白エピソードが山ほど出てきた。

ケインは現在、「Mildom」というプラットフォームで配信をしている。

こちらでは過去の配信も見れるため、興味がわいたら是非見てもらいたい。

 

その興味を引くべく、あえて断片的に面白い部分を一気に羅列していきたい。

 

 

 

・「遊び」という漢字が読めないのに「体重」「疲労」がばっちり読めるストイックさ。

・「ニンニク食べてないヨ!」と叫ぶケイン

・エコーをかけて「センチュリー21」といい声で言うケイン

・SASUKE実況二日目、まさかの池谷直樹コメント欄に登場。本物であることが判明。

・ステータス的に落下間違いなしのエリアを、連打でどうにかする筋肉男の本領発揮。

・その連打の代償を食らい「パンプだぜ!?ヤバイヨ二頭筋!」と叫ぶケイン

・実家にはトイレが10個あったという謎エピソード

・マックのメニュー何が好き?と訊かれて食い気味に「朝⁉昼!?」と確認するケイン

・「けいんすわぁああん」と何度も叫ぶケイン

・「コントローラーぐらいなら素手で壊せる」と壊し方講座が始まる

・ローリング丸太を買って食費に困るケイン「3週間で6000円!?足りないヨ!」

・課金額を奥さんにLINEするぞと言われて本気で焦るケイン「25万ぐらいかナ」

 

 

面白かったコメント

 

・お風呂入ってる間にケインが歩けるようになってた

・ニンニク食べてパチスロして歩く配信

・池谷役のケインさん見たいです(???)

・配信5時間、まだSASUKE見てない
 ↓
 あっ、これSASUKEのゲームだって忘れてた

 

 

 

もちろんこれらの笑えるものだけでなく、スーパー戦隊ウルトラマン筋肉番付SASUKEのあらゆる裏話や、当時の共演者との現在の関係まで赤裸々に語ってくれる優しい配信主、それがケインコスギだ。

 

 

 

あらゆる層に見てほしい

 

 

当時からファンだった人は裏話を聞きに、少しだけ知っている人は知られていない人柄とユーモアを楽しみに。

なによりも、あらゆる人にケインコスギという人間の魅力を感じるために見に来てほしい。

 

オタクからライト層まで、幅広く受け入れてくれるケインの配信は、たくましい筋肉が支える広い背中のように包容力に満ちているのだ。

 

 

 

 

 

 

全記事が見れるサイトマップはこちらからどうぞ!

 

 

サイトマップ、全記事こちらから。お好きな記事をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました