【筋トレ日記Vol.0】まもなく28歳、本気で鍛えます【目指せSASUKE】

3 views

筋トレ・SASUKE
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

 

 

このブログにはちょいちょい

「筋肉番付」「ケイン・コスギ」「SASUKE」

と言った単語が登場する。

そう、私は筋肉番付マニアというか、SASUKEや筋肉バトルのマニア。

 

 

そして間もなく、あと1日で28歳になろうという今日。

私はブログに宣言する。

 

「肉体改造するぞ、そしてSASUKEを目指すぞ。」

 

スポンサーリンク

何故目指す???

 

小さい頃からサッカー選手を夢見て社会人サッカーまで18年夢を追いかけた。

で、アマチュアチームにもかかわらずまさかの戦力外通告。簡単に言えば首である。

 

それから約4年、まったく体を動かさずゲームにはまった。

サッカーで満たされていた競争心は、FPSへと移り。

APEXをPS4ではじめ、PCでOWの沼に落ち、このブログではその記録も残している。

 

ただ、俺は体を鍛えたい。

モンスターボックスだってやってみたいし、SASUKEだって出てみたい。

また草サッカーでも良いからサッカーもしたいし、と欲が尽きない。

 

そんな折、こんな番組が配信された。

 

「SASUKE2022」予選会をTverにて配信

 

なんと驚く事なかれ。予選会の開催自体が9年ぶりなのである。

見たさ、全部見た。たぶんあと数回は見る。

 

そもそもせっかくトレーニングするならSASUKEを目指そうとは思っていた。

夢に見た期間だけで言えば、人生を捧げたサッカーよりも多分長い。

明確にサッカーでプロになりたいと自覚した年齢よりも遙かに早い段階で憧れた。

 

小学校低学年からクリフハンガーのモノマネをしてたし、

 

 

家の廊下でスパイダーウォークやってたし、小学校の休み時間はうんていと登り棒に捧げてたし。

幼稚園の時の特技あれですよ、筋肉番付モノマネですよ。

「野村将希が第5回芸能人サバイバルバトルでクイックマッスル100回を達成した瞬間のモノマネ」

誰が分かるんだよ!というモノマネを幼稚園の時からやってました。

 

 

で、それもあって筋トレを本格的に再開したんですけど、その矢先にこの予選会ですよ。

そりゃ、目指すしかないでしょ!

 

スポンサーリンク

何を目指す?

 

とはいえ、何を目指すかという話でございます。

 

最終目標→SASUKE出場

 

最終目標はやはりこれ。

それがオーディション経由なのか、予選会経由なのか、なにがどうなるかは分かりません。

けれども、ここだけはブレずに目指したいと思います。

そのためにやることは結構あって

①予選会に対する対策
→種目を見て対策、トレーニングを練る

②オーディションでアピールできる物を作る

という二つになるだろうなあと。

で、①の予選会に対しては別途記事を書きます。ただ、予選会を見るより前から俺が思い描いてたトレーニングの傾向と結構合致する部分があったので、俺の目も捨てたもんじゃねえなと。

 

※書きました!以下リンクよりお読みください!

 

問題は②なんですよね。

過去の人生で何か偉業を成し遂げたわけでもないし、変わった職業に就いているわけでもない。

というところで、このブログがそのきっかけになれば良いなあと思ってたりします。

単純に自分の成長記録を残すだけでは無く、何かのアピールポイントになるんじゃないかなと淡い期待を・・・

 

という下心もありつつ、このブログを利用してトレーニングを記録していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

何をトレーニングするの?

 

じゃあどんなトレーニング、取り組みをしていきましょうか?

そんなビジョンを、ここに書いておこうと思います。

 

トレーニング方針

 

これはもう別記事に書けるレベルのボリュームになると思います。

なので、書け次第リンクを張りますが、ひとまずは大まかな方針から。

 

まず、予選会の種目は徹底的に対策します。

※記事書けました!!

SASUKE2022予選会、種目別に小ネタ解説&対策トレーニングを考える

だいたい予測と一致していた部分が大きいので。もちろん想定外の種目もあったんですが、そこに関しては別途1st対策で組み立てていたトレーニングで補えそうだなという感覚。

なので大きなプラン変更は無く、その中でより種目に特化したトレーニングもしていくって感じにナルト思います。

 

その上で、まずは1st2ndだけを徹底してやろうと思います。

もっと言えば2ndに関してはサーモンラダーとバックストリームだけが特異性の高い種目であり、他はごまかしがきくはず。

と言うことを考えれば、

・1st対策のトレーニング
・それを応用した能力+サーモン、水泳

というあたりでだいたい組み立てられるだろうと。

というのと、とにかく1stに注力した方が良いだろうなという考えを持っている部分があります。

 

1stに注力する理由

 

理由はシンプルに、出場し続けるためです。

おそらく今のSASUKEにとって一番難しいことは、出場の機会を掴むこと。

だからこそ、奇跡的に出場できるチャンスが来たときの絶対的な目標が

「結果を残して次の出場を獲得する」

というところになると思ってます。これが出来れば常連クラスも夢じゃないし、初出場でポカしたら次の出場は遙か遠い夢になってしまう。

 

そもそもここ最近のSASUKEは、かなり経験者に比重が寄ってます。

レジェンドであることを考えても、ほぼ1stをクリア出来ないような能力の人で枠の多くが潰れている。そこに芸人枠、アイドル枠を加えて考えると超狭い門なんです。

だから500人も集まった予選会から2人しか出場できないと。

おそらくあの予選会の中にも、成績を残せてない常連組より能力が高い人は結構居たはずですからね。

 

となると、何が何でも初出場で爪痕を残さなくてはならないわけです。

 

具体的なトレーニングの中身

 

これはもう別記事書きます。待たれよ。

 

スポンサーリンク

じゃあブログに何を書くのよ

 

最後に、このブログに何を記録していきましょうかという話。

 

トレーニングの方針、根拠となる分析

 

なぜそのトレーニングをするのか、どんな分析をした結果メニューを考えたか。

ただメニューを並べるだけで無く、そのプロセスを記録することが大事だと考えています。

その中で、変更が必要だと感じればそれも記録するべきだし、道中藻掻いた足跡はきっと役に立つだろうと。

 

こなしたメニュー、数字、体型などの成長記録

 

そうやって計画を立てた上で、実際にどれだけのトレーニングをしたのか。

どれだけ数字や体型が変化したのか。

これはとにかく自分のモチベーションに、そして志同じくSASUKEのトレーニングを探してこのブログに辿り着く誰かのモチベーションになると信じて。

 

SASUKE的体験が出来る施設への挑戦、レポート

 

昔と違い、今は全国各地にSASUKEを模したアトラクションやアスレチックが点在している。

また、昔は一般人が体験できると思っても居なかった巨大跳び箱、モンスターボックスですら複数存在するという良い時代。

そこで行ける範囲で少しずつ、施設探訪及び挑戦をしていきたい。

それを記録していくことで、自分の成長記録になり、夢だった体験を綴る素敵な日記になり、施設を探す人の助けになるだろうと考えている。

 

ボルダリング成長記録

 

多くのSASUKE常連組が取り組んでいるように、クライミングボルダリングはトレーニングとして非常に優秀である。

と同時に、個人的にボルダリングに触れてみて超楽しかったというのも大きい。

嫁と一緒にやってみたんだけど、嫁さんもどうやら楽しかったようで、筋トレと合わせて定期的にチャレンジしたいね!という話で盛り上がったので継続していきたいなと。

 

あと、どうしてもクリフハンガーのセットを作ったりってのが出来ないので、ボルダリングジムにあるキャンパスボードで能力測定をしていきたいなと思ってます。

 

スポンサーリンク

ゼロからの挑戦、楽しそう

 

ということで、元ガチガチのアスリートが、ぼよぼよになった体からSASUKEを目指す夢物語。

たぶん、相当厳しいというかほぼほぼ無理な夢物語だと思います、客観的に見たら。

でもねー、これは可能性の問題じゃないし、叶うかどうかじゃない気もしていて。

たぶん、追いかけないと後悔するんですよね。これだけは確定している。

 

だから、その無様な努力の様を記録して、自分のモチベを保つのと同時に、日本のどこかに居るSASUKEを目指す同志の力になれたらいいな、そしてSASUKEに出場するためのアピールになれば良いな、と妄想しつつ頑張っていこうと思います。

 

 

 

 

 

全記事が見れるサイトマップはこちらからどうぞ!

 

 

 

 

サイトマップ、全記事こちらから。お好きな記事をお読みください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました