初心者向けAPEX講座、立ち回りの基本~遮蔽が重要な理由~

スポンサーリンク
Apex Legends
スポンサーリンク

 

 

 

APEX LEGENDSが人生初FPSにして初バトロワという、まさしく初心者の筆者。

 

そんな筆者は、苦労して苦労してプラチナで安定するまでに成長した。

 

 

 

APEX LEGENDS、プラチナの地獄っぷりと初心者のここまでの戦歴を聞いてくれ
間もなく新シーズンを迎えるAPEX LEGENDS。 最近では本田翼や橋本環奈が言及してたり、オードリーの若林がラジオで話をしたりとまた話題になってるようで。 おそらくそこら辺の方達はPS4だと思うんだよな。 もち...

 

 

その中で、FPSやバトロワのセオリーを自分なりに見つけたり勉強したりと、脱初心者すべく頑張った。

学んで役に立ったということは他の人の役にも立てるはずだ。

 

ということで自分で見つけたセオリーを紹介したい。

今回のテーマは

「撃ち合う場所」である。

 

 

 

 

[adchord]

 

 

 

初心者あるあるな戦い方

 

 

 

まずはこの図を見て欲しい。

 

 

 

伝わるかな、上に行きたくて移動してたら敵が出てきたシーン。

ほんとに初心者あるあるなんだけど、このまま敵に向かいながら戦ってしまうのよ。

 

 

 

 

ただ初心者ってサーバー全体が初心者になるから、相手も同じ。

結果、開けたところでお互い戦うことになる。

 

その結果を決めるのは

 

・運

・武器性能、エイム

 

という物になってしまう。

これ、非常に良くない。

立ち回りとは、これらに+αで勝とうとすることなのだ。

 

 

まず遮蔽を確保しよう

 

 

このときに取るべき行動。

それがこれ。

 

 

 

 

まず遮蔽物を確保すること。

これをするだけで初心者相手なら勝率が滅茶苦茶上がります。

なんで遮蔽があるだけで勝てるんだろうか?

 

 

 

なぜ遮蔽物が必要なのか?

 

 

 

遮蔽が必要な理由はいくつかある。

なるべく分かりやすく説明してみよう。

 

 

①リロードする時間

 

 

自分が相手を撃つときは当然相手も自分が見えている。

射撃時は遮蔽から出るから関係ないわけだ。

問題はリロードである。

 

リロードしているときは攻撃が出来ない。

つまりただ撃たれるだけの時間が出来てしまう。

 

その時間を隠れてやり過ごすのだ。

 

撃つ→隠れてリロード→撃つ

 

という動作を覚えよう。

この練習は射撃訓練場でも出来るぞ。

 

 

②回復、撤退の道を選べる

 

 

撃ち合いの時に必要な考え方。

それが「ダメージレース」である。

これは後に改めて記事にしたいが簡単に言えば

「今、どっちが体力少ない?」

という状態を考えることである。

 

もし相手のアーマーが割れてないのにこちらが割られてしまったらこっちがダメージレースで不利に立った、という考え方となる。

ダメージレースで負けたときの選択肢はいくつかあって

 

・ゴリ押しで戦う、大体負ける

・遮蔽に逃げ込んで回復

・遮蔽を利用して撤退、逃げる

 

という3つに分岐する。

下二つを実行するためには当然、遮蔽物が無くてはいけない。

 

だから撃ち合うときには遮蔽が必要なのだ。

 

 

出来る人vs出来ない人は勝ち目がない

 

 

それを踏まえて初心者の中でこれを覚えたら。

相手がリロードしてるときにこっちは撃ち放題。

こっちのリロード時間はしっかり隠れられる。

 

相手は回復する隙が無いけどこちらは自由に出来る。

 

そりゃ勝率上がるよね、と。

 

 

 

 

移動時も遮蔽を考えよう

 

 

 

遮蔽があるという事は、射線を切れるということ。

つまり理想は、

 

自分が撃つとき以外常に遮蔽にいる

 

という状態が作れれば基本的に負けはない。

 

これを踏まえて移動時の考え方を。

 

一番良いのは、高低差を生かすこと。

 

 

 

 

このような高低差は遮蔽として考えることが出来る。

これは覚えておいて損はない。

 

 

あとは常に走りながら身近な遮蔽を探しておくこと。

今敵に出会ったらどこに隠れよう、というのを頭に思い浮かべておけば咄嗟に動けるようになる。

 

 

 

なぜテルミットは強いのか

 

 

個人的に投げ物で強いと思っているのがテルミットグレネード。

理由は、遮蔽の裏を攻撃できるから。

 

 

 

投げ物を持つときは、テルミット最優先で良いと思う。

 

 

 

そこは、安全ですか?

 

 

この考え方が身に付いてくると、

 

「敵と出会ったらやばいなあ」

 

という場所が分かってくる。

開けた平原とかね。

それが分かってくるとバトロワは面白いんだ。

 

ただの撃ち合いがしたいなら違うFPSをやればいい。

 

どこにどのチームが潜んでそうか。

他の人はどう考えるだろうか。

盤面の駆け引きが分かるためには、遮蔽の認識が大前提だ。

 

あそこでさっき銃声がした。

てことはこのルート進むとぶつかっちゃうか?

回り道して安全に進もうか?

 

そんなことを考えられるようになるぞ。

 

 

まずは撃ち合うとき、常に遮蔽の近くで戦おう。

それが全ての始まりだ。

 

 

 

APEX記事一覧

 

 

このページにAPEX関係のページがまとまっています。

基本全て初心者向け。是非に。

 

 

404 NOT FOUND | 「オタカタ」オタクに趣味を語らせろ

 

 

 

 

 

全記事が見れるサイトマップはこちらからどうぞ!

 

 

サイトマップ、全記事こちらから。お好きな記事をお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました