Apex Legendsのために格安PS4用エイムスティックカバーを購入!予想以上に使えるぞこれ

Apex Legendsのために格安PS4用エイムスティックカバーを購入!予想以上に使えるぞこれ

こんにちは。

役立ちそうな小物が大好き、やまゆーちゃんです。

 

かつて、こんな記事を書きました。
今ではこのブログ二番目の閲覧数を獲得する人気記事です。

 

カチカチくん2019年最新作【勝ち勝ちくんクリア】をレビューしてみる

 

こんな感じの役立つ系の小道具が大好きな私。
おそらくですが、

 

ネットで稼ぐにはとにかくアフィで物を売る!

 

というのが大正義のため、やれば儲かるかもしれませんが・・・

 

正直、本当にオススメ出来るものしか書きたくないんすよ。
というか物を売るための記事じゃなくて、使った感想を書く読み物として書きたいんです。

 

なので今後こういった紹介記事は少ないですがポツポツと書きます。
買わなくてもいいんで、ふーんって感じで読んでいただければ幸いです。

 

 

さて最近はとかくApex Legendsにお熱な私。

 


© 2019 Electronic Arts Inc.

 

ほぼFPSをやったことがなかった私ですが、なんとかランクシーズン1、2ともにプラチナまで到達いたしました。

 

ランクマッチっていうのは簡単に言うと戦績に応じてランク分けされる、いわばランキング戦のようなもの。
ガチモードというような感覚です。

 

そこでド初心者の私がなんとかある程度の戦績を残せたのには、ある小道具の活躍がありました。

そんなわけで今回は、その小道具を紹介いたします。

 

それじゃあいくぞ!!

 

 

 

CS機はエイムが難しい

 

そもそもの話として、CS機(コンシューマ機、家庭用ゲーム機のこと)はPCに比べて、シューティングゲームにおいてエイム(照準で狙うこと)が難しいとされています。
理由は、

 

マウス→動かした距離分照準が動く。

コントローラー→スティックを倒し続けなくてはならない、倒し具合で加速が付くため微調整がかなり難しい。

 

という違い。

端的に言えば、ウスは物理的移動がそのままゲームへ反映されるのが、コントローラーでは限界があるため倒しっぱなしの調整が必要となるという感じです。

 

なのでCS機のシューティングの多くは、エイムアシストが付いていることが多いです。
いわゆる自動エイム的な機能ですね。

 

 

そしてそんな難しいエイムを助けるべく、家庭用ゲーム機向けに様々な小道具が開発されています。

 

 

エイムを助ける小道具たち

 

現在、ほとんどのゲームはアナログスティックでエイムをします。

つまり小道具の多くは、スティック関連ということになります。

より繊細な操作を出来るようにするものなので、レーシングゲームでも使用されることがあるようです。

 

 

代表的なものが二つ。

 

一つ目がエイムリングと呼ばれるもの。

 

 

 

画像の通り、スティックの下に噛ませるものです。
それにより、力加減がしやすくなるという仕組み。

いわば、わざと固くすることで繊細な操作を手助けするわけですな。

 

 

そしてもう一つがスティックカバー

 

 

 
これは上にかぶせるものです。
 
 
これはへったくそな私の図。
 
 
 

 

何が言いたいかというと、

上に被せて高さを上げると、同じ角度でもより長い距離が必要になるわけで、
物理的距離の問題から繊細な操作をアシストするわけですな。

 

 

というように、大別すると二種類あるわけです。

 

高い・・・と思ったら格安品を発見!

 

ですが上に貼った二つの商品。

結構お値段するんですよね。

 

どちらもだいたい2000円・・・

 

うーん、結構するなあ・・・

 

と探していたところ、気になる商品が。

 

 

 
あらお安いじゃない。
 
送料無料で700円しないぐらい。
 
 
物は試しと、買ってみましたよ。
 
 
以下はその格安カバーのレビューだぜ。
 
 
 

商品が届いたよ

 

注文して3日。ド田舎なのでそれぐらいいかかるんだよね。
はい、届きましたよ。

 

 

こんな袋に貼ってます。かなり軽めの梱包でした。

 

中身をばらすとこんな感じ。

 

 

ありがたいことにコントローラーのカバーまでついております。

高さが二種類、形が二種類で計4個のスティックカバーですね。

上が凸か凹かで選べるのはいいっすねえ。

 

ということで着けてみました。

 

 

左スティックは移動に使うため低め、右がエイムなので高めです。

左でキュッキュ移動しながら右で繊細なエイムを・・・※イメージです

 

 

使ってみたよ

 

 

さて、では使ってみた感想を。

と言いたいんですが、そもそも着けるのが難しいです。

かなりキツ目に作られてるので、ピタッとハマるまで数分かかりました。

 

ただ着けてからは外れたことがないんで、そういう意味ではいい装着感です。

 

で!

実際にゲームで使ってみて。

 

うん、結構変わる気がします。

今取れって言われたら全力で拒否する程度になってます。
特にApex Legendsは撃ち合いが長いので、エイムし直したり相手の動きを追うエイムが多いのですが、そこの利便性が明らかに上がりました。
あと体感ですが、ヘッドショットが当たるようになったりロングボウがダメージ出るようになった気がします。
最初は親指が高さに慣れないと辛いですが、慣れると手放せませんね。

強いて言うなら、大きくスティックを傾けるとき、かなり親指を動かさなきゃいけないのでそこに慣れるまでが大変かもしれません。
振り向きだったりですね。
それがしんどいので移動に使う左スティックは低目のカバーにしています。

 

ということで、高いものを使ったことがないので値段による比較はできませんが、不満が正直全くないです。

 

あと地味に、コントローラーのカバーが優秀。

持ち手部分に滑り止めが付いてるんで、疲れにくいです。

これで送料込みで700円程度ならば、かなり優秀な買い物だったのではないかと思います。

 

結論

 

・高い値段の製品と比較は出来ないが、使い心地は良し!!

・使ってない人はエイムがすげーやりやすくなる!!

・コントローラーカバーが嬉しい!!

 

ということでこの程度の出費なら、と考える人はぜひ使ってみましょう。

ほんとに楽よ、これ。

 

     
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。