初心者向けOverwatchピック講座「ブロンズ経験者だから語れるあれこれタンク編」

0 views

Overwatch
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

 

 

オーバーウォッチに欠かせない要素、それがヒーローの選択です。

試合中にガンガンキャラを変えられるゲームってそう無いんです、だからこれはオーバーウォッチの特性でありこれを有効に活用出来る出来ないは大きい差になってきます。

 

とはいうものの初心者にとっては、そもそも

・使えるヒーロー(ピックプール)を増やす
・どのヒーローがどの相手に刺さるのか
・ヒーローとステージの相性

などなどハードルが多くて増やすのが大変だったりします。

で、いわゆる初心者向けヒーローとかって記事があったりしますがオレにはしっくりこなかったんですよね。

全ロールで沼ったオレから言わせりゃ、分かりやすく初心者向けヒーローなんていないし、どのヒーローでも初心者なりの使い方があったりするわけです。

あとランク毎に刺さるヒーローが変わってきたりもするので、それを踏まえてオレが自分の体で考えまくった初心者向けピック講座をお披露目します。

あと簡単なヒーロー毎のワンポイント解説も。

 

今回はまずもってタンク編です。

実はここがトップクラスに難しい。というのも、チームの戦い方はタンクによっておおよそ決まるからです。

 

スポンサーリンク

ダイブと盾、それぞれ出来るようになりたい

 

理想はダイブでも盾使ったポーク(遠距離削り合い)でもハルト合戦でも、それぞれ使えるヒーローがいること。

ただ初心者にはレッキングボールが出来ないと思います。オレもまだ出来ません。

なのでそれ以外の

盾→ハルト、オリーサ、シグマ
ダイブ→ウィンストン、D’va
どちらでも対応できなくはない→ザリア、ホッグ

という中から別種類で2つ、ある程度使えるヒーローを持っておきたいところです。

 

ザリアに関して

 

ザリアは非常に便利、ですがだからこそ中途半端になってしまケースも多々。

ただ初心者帯ではザリアを使えればどんどんレートが上がる、これもまた真理だったりします。

というのも、初心者帯では相手ザリアのエネルギー状況とか考慮せずに行動してくる相手が多いのでゴリゴリ溶かせると。

で、ある程度までなら離れていても味方を守ることが出来るバリアを上手く使えれば、マーシーの蘇生並みにしぶとく戦うことが出来ます。

なのでザリアを極めてキャリーしてランクを上げる、なんてことも出来る。オススメはしませんが。

 

スポンサーリンク

味方、相手の構成によって変える

 

さっきも言ったように、タンクのピックによってチームの編成は決まりがちです。

例えばダイブで飛び込むタンクなのにルシオマーシーではヒールが届かない。必然的に遠距離ヒールできるサポートになるとか。ってのが本来なんですがかたくなに変えてくれないサポートも居ます。というかダイブに対するヒール方法を理解していないというか。

なのでサポートに合わせてピックしてあげる、なんてのも必要になってきます。

 

あとはもちろん相手の構成。

ホッグリーパーがいるのにダイブってのはそう簡単に刺さらないし、逆に相手がダイブできたところを2盾で戦うのはそう簡単じゃない。

という前提を踏まえた上で、代表的なタンクの組み合わせを特徴毎に。

 

スポンサーリンク

代表的な構成

 

ラインハルト+ザリア

 

まずもって王道中の王道、ハルザリ構成です。

この構成の鍵はタンク目線だと2つ。

ハルトは殴ること、ザリアが最前線をひたすら助けること。

2盾との差がここに出ます。前線の圧力を高める構成なんです、味方を守る構成だと思わない方が勝てます。

 

 

つまるところ、

・ハルトはザリアのバリアをもらいながらガンガン殴りに行く
・ザリアはハルトを活かしながら高エネルギーを維持、前線の圧に参加する

というのが特長なんです。なので相手を殴れないような構成であれば厳しい。

 

よって相性の良い構成は相手を殴れる構成です。特に低レート帯ではタンクの後ろに全員居る、なんて戦いもよく起こるのでマジで押せます。

相手がオリーサシグマとかでもゴリゴリ前進できるならば刺さるし、早々に盾を割られるようならキツイ。

なので相手の構成と言うよりは相手の戦い方次第で相性が変わる、と考えた方が良いかもです。

ハルトがどれだけ殴れてるのか、それがバロメータ。

 

2盾構成

 

次に難易度がそこまで高くないのが2盾構成。

ラインハルト、オリーサ、シグマの中から二枚選ぶ戦い方ですね。

この組み合わせによってもちょっとずつ個性が変わってきます。

ハルトを採用した場合は先と同じ、いかに殴れるかが大事。

逆にオリシグ構成は近距離戦闘を避けたい構成となります。オリーサもシグマも中遠距離に関して強いヒーローなので。

前線のぶつかり合いで押されるならハルトを採用、相手を近づけさせない戦い方がしたいならオリシグ、という案配ですね。

あとは盾割り性能。相手の盾が割れない押せない、なんてときはオリーサがブッ刺さったりします。

 

オリーサシグマ構成と相性が良いのは対ラインハルトかなあ。

何度も書きますが、ハルトは殴れてなんぼ。それに対してこの構成は接近を拒めるのでハルトの仕事を取り上げる事が出来るわけです。

 

ハルトシグマは割と万能。近距離中距離どんとこい。遠距離はちょっとキツイ。

ハルトオリーサはほぼやったことないけど、盾割勝負でハルザリを打ち破るなんて時はいいのかな。でもあんまりメリットが見えない構成ではあります。

 

ダイブ構成

 

さあ続いてはダイブ。ここは初心者に向けての話なので簡単にします。

初心者帯で刺さるのは、ウィンストン+ザリアです。正直これ1択レベルです。

 

まずもって、レッキングボールは難易度が高すぎて使えない。オレもまだ使えません。

次にD’vaですが、このヒーローも滅茶苦茶難易度が高いです、そう思われてないかも知れないけど。

というかですね、あまりD’vaをダイブとして捉えない方が良いと思ってます。これは後ほど。

 

なのである程度敷居が低くしっかり仕事が出来るのは、ウィンザリです。これが出来ればとりあえずOK。

 

ウィンストンの役割はとにかく死なないこと。絶対です。何がなんでも生きて帰りましょう。

初心者向けのウィンストン講座はそれだけで1記事書けるレベルなので別途書きます。

 

あと初心者対限定で、対ゲンジとしてのウィンザリ構成もオススメです。

というのも、上手いゲンジがいるだけでチームが崩壊するなんて経験沢山ありますよね。

それに対してウィンストンもザリアも、ゲンジとの相性は滅茶苦茶良いです。木の葉返し貫通するし、ウィンストンはエイムも要らない。

なのでそこまで敵陣に飛び込まずゲンジを押さえるウィンザリ、なんてのを取り入れてみてください。これはオススメ。

 

あと相手が2盾でどうやっても進めない、ハルザリの前線の圧力に勝てない、なんて時に試してみましょう。

コツは誰に向かってダイブするのかよりも誰を避けてダイブするか、です。

 

D’VAについて

 

さてここまで放っておきましたが、可愛くてつい使いたくなるD’va。最新スキンが可愛すぎますね。

最新スキン。リリカルなのはにしか見えない!可愛い!!

 

D’vaをダイブとして考えるのは難易度高いです。というのもウィンストンに比べて生存したまま帰ってこれる率が非常に低いから。

じゃあ使いどころ無いのか、って言ったらそうでもありません。

D’vaを初心者が使う場面は2つ。

高台確保と対ファラ。オレはこれを意識してから壊滅する試合が減りました。

 

相手DPSがずーーーっと高台から撃ってくる、誰もそれを対処できない。

そんなときにDvaをピックして下ろしてやりましょう。

ブーストで体当たりすればノックバックで下ろせます。で、もし降りなかったらタイマン張りましょう。勝負です。

大丈夫、Dvaの体力は高いし火力も近距離ならトップクラス。たとえキャスディにフラバンファニング喰らったって簡単には溶けません。

 

そしてもう一つはファラ。これも初心者にとっては苦い思いをたくさんさせられるヒーロー。

ここに対してDvaでガツガツ圧をかけていきましょう。飛びながら撃っていけばそれだけで脅威を減らせます。

ただし!

ファラを追うことに集中しすぎると、ブースト切れて着地するのが敵のど真ん中、なんてことは避けなくちゃいけません。さくっと溶かされて5vs6になってしまいます。

Dvaのブーストゲージで、追うのに使って良いのは半分です。これ、誰も教えてくれないけどめっちゃ大事よ。

 

残りの半分?帰る時用だよ!!!

 

後本来の使い道としてウィドウを止めるとか有るんですが、このレート帯でバッチバチ抜いてくるウィドウはそうそういないので割愛。高台確保と同じ動きで問題ないです。

 

スポンサーリンク

組み合わせを考えるだけで勝率は上がる

 

出来るだけ相方のタンクの得意不得意を見極めましょう。で、相方と相性の良いピック、あるいはサポートと相性の良いピックを選ぶようにするだけで勝率は上がります。これは信じて欲しい。

タンクの神髄は死なないことです。死なないためには味方と助け合う必要がある、だから組み合わせが大事なのです。

自分が得意かどうかより、仲間のヒーローとの相性、相手のヒーローとの相性を考えましょう。

 

スポンサーリンク

番外編:ロードホッグについて

 

ロードホッグはどのタンクとも異なります。

それは回復まで含めて一人で完結していること。

 

 

ということはすなわち独立遊軍でキルを取らなければいけないということです。

逆にロードホッグでガンガンフックからキルが出来るのであればレートもガンガン上がります。

なのでこいつに関しては味方との相性はあまりありません。

 

その代わり敵との相性、マップとの相性があります。

先に分かりやすいのはマップ。環境キル(落下死)が狙えるマップではマジで強いです。

そして敵はダイブ、ドゥームに対して特に効果があります。

逆にアナに対しては相性が悪いです。

アナ自体をフックするのは難しくないですが、体がデカいからスリープ喰らいやすいし、瓶喰らったら只のデカい的です。

アナゼニとかかなりキツイですね、不和で一瞬で溶かされるので。

なのでそこの相性、そして自分の技術次第でピックするか考えましょう。

 

これもねー、ホッグの取扱説明書は1記事書けるぐらいなのでそのうち書きたい。

 

スポンサーリンク

タンクが分かればOWは面白くなる

 

タンクが分かってくると、OWは面白くなります。エリアの取り合い、ラインの押し合い、陣形の崩し合い。

それがほんのちょっとでも分かれば低ランク帯はボチボチ有利に戦えます。で、楽しくなってきます。

同時に味方のやばさに気付くようになったりもするんですが・・・

 

ということで簡単にですが、初心者向けにタンクピックあれこれを語ってみました。参考になれば何よりです。

 

 

 

 

 

全記事が見れるサイトマップはこちらからどうぞ!

 

 

 

 

サイトマップ、全記事こちらから。お好きな記事をお読みください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました